ドイツ製法ハムソーセージの食べ方

ボイルソーセージのおいしい食べ方

当店のソーセージは天然の羊腸に詰めてしており、とてもデリケートです。
スモークソーセージやヴァイスヴルストはボイルして食べるのが一番おいしいです!
なぜならスモークされて乾燥した腸がゆでることにより、スモークハウスから取り出した出来たばかりの瞬間にもどるからです!

ボイルの方法

沸騰したお湯に入れて火を止めて5分間温めてください。
800cc~1リットルのお湯に3~4本が目安です。

温まったソーセージはお湯の中で浮いてきます。

一度にたくさんの量を温める時は1分ほど火を付けたままでも大丈夫です。

注意:湯をグラグラと沸騰させてしまうと、皮がやぶけてうまみが出てしまいますので必ず火を止めてください。一度温めたソーセージは温かいうちにお召し上がりください。

焼いて食べるソーセージニュールンベルガー・トスカーナベァーラオホ

スモークしていない白いソーセージ。シンプルな味で、ドイツ人が一番好きな焼いて食べるソーセージです。

焼き方

  1. お湯で軽くボイルして温めます。
  2. それからフライパンに油を引かずに、焦げ目がつくまで中火でお焼きください。
  3. ケチャップやマスタードをつけてどうぞ!! 

賞味期限が短く、日持ちしないソーセージですので早めにお召し上がりください。

ステーキの焼き方

フライパンに油を少し引き、フタをして中火でゆっくりと両面をお焼き下さい。
スパイスとハーブの力でお肉が柔らかくなっていますのでソースはいりません。
炭火で焼くのもおすすめです。

串巻きの焼き方

豚三枚肉に特製スパイスをまぶしています

  • 赤:黒コショーと赤パプリカ
  • 緑:ガーリックパセリ

オーブントースター、またはお魚を焼くグリルなどで5分~8分ぐらい焼いてお召し上がりください。
表面にこんがりと焼き色がついたら裏面に返し、焼きすぎないようご注意ください。BBQでも楽しいです!

ヴァイスヴルストの食べ方

ヴァイスヴルストとはミュンヘンの名物ソーセージです。食べ方に特徴があります。
沸騰したお湯に入れて火を止めて5分間温めてください。浮き上がったら温まっています。
お湯をグラグラと沸騰させてしまうと、皮がやぶけてうまみが出てしまいますので必ず火を止めてください。
腸をむいてお召し上がりください。
ドイツではたてにナイフを入れ、皮を押さえてフォークで中身をはずして食べます。ドイツの人なら誰でも知っている、手作りで有名なマスタード「ヘンデルマイヤーのスイートマスタード」(甘いマスタード)をたっぷりつけて召し上がるのがミュンヘンスタイルです。

出賞味期限が短いのでなるべく早めにお召し上がりいただくよう、お願い申し上げます。

お問い合わせ

お電話でのご注文・お問い合わせ

  • 03-5450-0505
  • 営業時間:11:00~19:00
  • 定休日:水曜日(※祝日時は木曜日)第三火曜日

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ページトップへ